bookshelf > 『どろぼうの神さま』 & 『ぬしさまへ』

『どろぼうの神さま』 & 『ぬしさまへ』

なんだか今年はあんまり本を読んでいません。
家でPCに向かっている時間が長いからか?と思っていましたが
どうも、iPodのせいではないかと最近ふと思いました。

もともとヴォーカルの入った曲聴きながら本を読めないたちです。
文字じゃなくて声を追っかけてしまいます。

わたしのiPodの中身はクラシックやらジャズやらインストゥルメンタルな
ものが大半です。だけど、そういうのでも耳元で鳴っているとやっぱり音
に気が行っちゃうみたいです。これまでポータブルプレーヤーって使って
いなかったので気がつきませんでした。

で、最近は電車に乗り込んで本を広げられるスペースがあったらiPodをoffに
して本を読むようにしてみました。そしたらちゃんと集中して読めるみたい。
もうこのまま本を読まない人になっちゃうかと思っていたので、ホッ。

脳って不思議ですね~。

先週から今週にかけて読んで面白かった2冊。

『どろぼうの神さま』
コルネーリア・フンケ著
WAVE出版

ページをめくるたびに思いもしなかった展開になっていくので一気に読んでしまいました。わたしはコドモに戻りたいかな~?いまだにオトナになんかなりたくないって思っていたりして。表紙絵も挿絵も著者のもの。雰囲気があって素敵です。

『ぬしさまへ』
畠中 恵
新潮文庫

今年の新潮文庫の100冊から選んで読んだ『しゃばけ』の続き。これやっぱり面白いわ。『しゃばけ』よりさらにいろんなことが明らかになっています。まだ文庫になっていないのも2冊あるらしいので、チェックしないとー!

関連記事
スポンサーサイト
2221:No title

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2009.09.14 16:48 藍色 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

下線文きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調...

2009.09.14 16:46 粋な提案