2007年06月 の記事一覧

TOKYOを照らす

6月29日 金曜日 第二四半期の最終営業日。

待ちの体制でふと気づくと、ピシッと閉まったブラインドの隙間から
赤い光が漏れていました。大変!急げ!とブラインドを上げたら真っ赤な空。

2007.6.29
* Ricoh GR Digital *

大胆に映り込んだオフィスの蛍光灯が、映り込みというよりも
突如として東京上空に出現した蛍光灯のように見えますね。

フロアにあるスイッチをオフにして外が暗くなったりしたら面白い。
・・・いや、コワいか。

2006/6/30のエントリー

関連記事
スポンサーサイト

風呂上がりの一杯

ビールの買い置きもなく、トニックウォーターをぐびり。
しーみーるー。

schweeeeeeeeeeepes
* Ricoh GR Digital *

2006/6/27のエントリー

関連記事

you can fly

ベランダから半身乗り出すチヨコさん。

you can fly
* Ricoh GR Digital *

花桃の枝が風にゆらゆら揺れるのが欲しいんだそうです。
どうしてもおばかっぽいんだけど かわいいのね。
ベランダから落ちないでね。

2006/6/25のエントリー

関連記事

にらいかない

どんぶりを埋め尽くすソーキ! くぅぅ~。

ソーキソバ
* Ricoh GR Digital *

ソバが見えませんがソーキソバです。


関連記事

summer sky

同じ場所で撮った空だけど、いろんな顔。

blue sky, red flower
* Ricoh GR Digital *

blue & white
* Ricoh GR Digital *


関連記事

through a window shade

職場のブラインド越しに。ビル群は丸の内。

tokyo
* Ricoh GR Digital *

トラックバック企画『窓』に参加

関連記事

ドイツでサッカー観戦?

北欧の次はドイツに行ってきました。なんてね。
本当は、ドイツ大使館主催のテーブルサッカー大会に潜入してきたのです。

R0015181.JPG
* Ricoh GR Digital @Tokyo *

R0015190.JPG
* Ricoh GR Digital @Tokyo *

碧い瞳の人形。ちょっとブサ・・・おっと。人形焼きみたいです。
胸のボルトが痛々しい感じ。

R0015180.JPG
* Ricoh GR Digital @Tokyo *

上手な組は本当にビックリするくらい上手。
なんであんな風にボールコントロール出来るんだ?

R0015177.JPG
* Ricoh GR Digital @Tokyo *

チビッコもお父さんとかな?参加していました。わたしよりもうんと上手。

R0015175.JPG
* Ricoh GR Digital @Tokyo *

見ているだけでも楽しい~。
どこかで練習出来るようなら、次回はプレーヤーとして
参加してみてもいいかな?>nanashin_nちゃん

Foosball Tableっていくらくらいするのかな? って、買う気??

関連記事

Hotel Birger Jarl

そろそろネタ切れです。
これで北欧編は最終回かな。

最後はStockholmで宿泊したホテルHotel Birger Jarlです。

A1162
* Nikon F3 *

A1161.jpg
* Nikon F3 *

R0015062.jpg
* Ricoh GR Digital *

なんかこのホテル、ひと部屋ひと部屋デザインが違うらしいです。
わたしが使っていた部屋はちょっとビジネス風。

デスクと枕元の電気がアルテミデで、うちにも導入したい~って
毎日思っていました。北欧デザインじゃないけどね。

ツアーメンバーの他のお部屋も見せてもらえばよかったなー。

ということで、北欧旅行記はこれにて終了。
ネタ切れになったら、買ってきた雑貨を紹介するかもしれません。

関連記事

Engelbrektskyrkan

ホテル近く、山の手(高級住宅街&坂を上って行った先)にあった教会。
小高い場所で天に届かんとするその姿にMont-Saint-Michelを思いました。

R0015075
* Ricoh GR Digital *

お。ナナ並び。
77777.jpg

関連記事

PHOTO VERKSTAD

A1233.jpg
* Nikon F3 - Stockholm, Sweden *

R0015121.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

R0015123.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

どこの国にも、写真を、カメラを愛する人はいるものですね。
ここのウィンドーディスプレーさりげなくていいなぁ。

関連記事

ストックホルム交通博物館

ストックホルム二日目に訪れたのは ストックホルム交通博物館
だだっぴろい倉庫みたいな空間に古い電車、バス、トラムがたくさん
展示されている 手作り感200%な感じの博物館です。

R0015087.jpg
* Ricoh GR Digital *

館内の一角にギャラリースペースがあって、そこで"STOCKHOLMSBILDER"
という展示がありました。二種類の展示があって、スェーデン語が分からない
のでほんとのところはわからないんだけど、たぶんひとつはストックホルムの
「電車のある風景」で、もうひとつは地下鉄を敷くのに関わった人達の写真。

どちらの展示もすごく良い。
あぁこんな写真をとりたいなぁって思いました。
なんというか電車に対しても人に対しても愛があるというか。そんな写真。

古いバス。かたちはもちろんのこと色もかわいい。
R0015096.jpg
* Ricoh GR Digital *

R0015088.jpg
* Ricoh GR Digital *

展示してあるバスの下にもぐり込めるようになっていたり
A1188.jpg
* Nikon F3 *

人影を察知して鉄道模型が走ってくれたり
R0015100.jpg
* Ricoh GR Digital *

自己申告制のカフェスペースがあったり
A1187.jpg
* Nikon F3 *

そんなゆるゆる~な交通博物館でした。
R0015101.jpg
* Ricoh GR Digital *


関連記事

like a kaleidoscope

A1191
* Nikon F3 - Stockholm, Sweden *

2006/6/14のエントリー

関連記事

stockholm自転車collection

ヘルシンキほどではないけどストックホルムでも数枚自転車の写真を撮って
いました。ぴっかぴかのカッコいい自転車じゃないけど、「用の美」とでも
言うのかな、なにかにじみ出てますね。大切に乗られてるんでしょうね。

A1173.jpg
* Nikon F3 *

郵便屋さんの自転車
R0015084.jpg
* Ricoh GR Digital *

これは郵便屋さんの・・・カート? 郵便物がぎっしり詰まっています
A1224.jpg
* Nikon F3 *

もひとつ郵便屋さんの、バン。 めるせですべんつ
A1244.jpg
* Nikon F3 *

自転車じゃないけど。ROUNDABOUT? あんまり見かけなかったけど、あるんだ。
A1174.jpg
* Nikon F3 *

カムフラージュ?
A1179.jpg
* Nikon F3 *

次回も乗り物つながりでいってみよう!

2006/6/11のエントリー


関連記事

Stockholmを食す

ガムラスタンを一回りして、次はストックホルム近代美術館へ向かいます。
そこのカフェテリアでランチです。

ガムラスタンにある王宮を背にして船着き場に降りて行くと向かいに
グランドホテルが見えます。緑の屋根にはためく旗のうち、中央の左隣は
日の丸です。わたしたちがストックホルム入りしたちょうどその日に
天皇、皇后両陛下もいらしていたそうですね。お会いしませんでしたが。

R0015048.jpg
* Ricoh GR Digital *

それでもってそのグランドホテルの左隣にある、黄色の壁に緑のドームが
乗った建物、これがフェルゼン邸なのだそうですよ~!
すごいなフェルゼン、王宮のすぐ近くに住んでいたんだ。

そんな解説を添乗員さんにしてもらいながら 船着き場を左側からぐるりと
回り込んでグランドホテルの前を通り、近代美術館を目指します。

R0015052.jpg
* Ricoh GR Digital *

橋の欄干に王冠のオブジェ。向かいに見えるのがガムラスタンで右端に
見えるのが王宮。スウェーデン国王は現在はこの王宮にはお住まいではなく
別な場所の住まいからご自分で車を運転してここガムラスタンの王宮へ
通勤されているのだとか。

ということで、ようやくストックホルム近代美術館に到着。
ここからはストックホルムで食べたご飯を一挙公開。

近代美術館で。シナモンロール、サラダ、コーヒー。
R0015054.jpg
* Ricoh GR Digital *

そうだ。断面図を忘れずに。
R0015055.jpg
* Ricoh GR Digital *

その日の夜、ホテル近くのレバノン料理レストラン。
R0015063.jpg
* Ricoh GR Digital *

外は遅くまで明るいのにレストランの中は暗くて料理の写真なんて撮れないー。
これは・・・比較的まともに撮れていた・・・クスクス?
R0015066.jpg
* Ricoh GR Digital *

日本だと日産のカルロス・ゴーン氏の夫人がレバノン料理のレストランを
経営しているんですよね。中東の料理って結構好きです。

翌朝の breakfast クロワッサンさくさくふわふわで美味しい~
R0015070.jpg
* Ricoh GR Digital *

って食べてたら、ワッフルメーカーがあるの気づきました?って教えられたので
ワッフルも作って食べちゃいました・・・・・・うまい。
R0015071.jpg
* Ricoh GR Digital *

焼き時間短めでモッチリしたワッフルに、ホイップバター+メープルシロップ

翌日はもう帰国。
ツアーメンバー全員で、ガムラスタンにあるレストランでfarewell dinnerです。
R0015105.jpg
* Ricoh GR Digital *

席は地下。その昔、ガムラスタンの人々が教会へ行く時に使っていた地下通路
だったそうです。牢獄とかじゃなくて良かった。ミートボール食べました。

最後の朝ご飯
R0015119.jpg
* Ricoh GR Digital *

この日もワッフル
R0015120.jpg
* Ricoh GR Digital *

時間長めでカリカリのワッフルに、ホイップバター+はちみつ

美味しいなぁ。ワッフルメーカー欲しくなっちゃいました。
ホテルで使っていたのはPhillipsのワッフルメーカー。

日本に帰ってきて調べたら同じものは入手出来なそう。
そうするとVitantonioのワッフルメーカーが手っ取り早そうなんだけど
なんか一台でいろんなことが出来ちゃうのよーっていう売りが天の邪鬼な
わたしにはうっとおしくて違うものを探したくなる。

クイジナートのワッフルメーカーが良さそう。でもまだまだ様子見。

そしてこれが正真正銘最後の食事。
A1256.jpg
* Nikon F3 *

非常食として持って行ったカップヌードル・・・。
やっぱりこの手のものは持って行く必要ないですね、最後まで邪魔でした。
でもまあ彼の地で食べるカップヌードルは不思議な感じで美味しかったですけど。

ストックホルムは日数短めだったせいか、必要最小限の食事って感じだったなー。

2006/6/10のエントリー

関連記事

gamlastan 路地コレクション

市庁舎を見学した後は、バスに乗って ストックホルム発祥の地と言われる
ガムラスタン(旧市街)へ。古い街並が美しい観光名所です。

R0015045.jpg
* Ricoh GR Digital *

通りはまるで迷路のよう。でも、狭いエリアなので気になった路地に
入り込んでも迷子にはならないと思います。

R0015046.jpg
* Ricoh GR Digital *

あれ?と思ったら上の方を目指して行けば、中心のこの辺りにたどり着くはず。
これぞ中世ヨーロッパ!な建物がカワイイ~。

A0990.jpg
* Nikon F3 *

なんでもない路地なのに覗きたくなるんですよねー。

A1218.jpg
* Nikon F3 *

A1220.jpg
* Nikon F3 *

夕方 もう店じまいをしている店内に一カ所だけ灯りが。
消し忘れですか?それとも通行人へのサービス?

A1221.jpg
* Nikon F3 *

また行くことがあったらもうちょっと時間をかけて彷徨ってみたい。

2006/6/9のエントリー

関連記事

ストックホルム市庁舎2

ストックホルム市庁舎の外観は撮っていなかったけど、
買ってきたスノードームの中に入っていました!

Stadshuset in a snow globe
* Ricoh GR Digital - 撮影地 : ストックホルム *

ホテルの部屋で帰り支度をしていた時に、
スーツケースに納める前に撮影した一枚です。

2006/6/7のエントリー

関連記事

ストックホルム市庁舎

図書館を出て地下鉄に乗り、次に向かったのはストックホルム市庁舎です。
ここはノーベル賞晩餐会がひらかれるところですね。
ああまた外観の写真がないです。茶色のれんが造りでこれまたカッコいい建物。

ということでホールの片隅にさりげなく飾られていたノーベル氏のレリーフ。
Alfred Nobel
* Nikon F3 *

晩餐会の会場となる「青の間」の床。いろんな形、いろんな色。
R0015023.jpg
* Ricoh GR Digital *

「青の間」の階段をあがって通路を進むと、ストックホルム市議会の会議場です。
R0015027.jpg
* Ricoh GR Digital *

天井は舟底型。 ビューーティフル
R0015028.jpg
* Ricoh GR Digital *

市議会議場を出ると、市庁舎の塔の吹き抜け
R0015030.jpg
* Ricoh GR Digital *

カラーで撮っているのにモノクロ風。あ、窓の外はカラーですね。
窓の模様がステキです。

先に進んだ部屋の窓から湖が見えます
R0015032.jpg
* Ricoh GR Digital *

さらに進んで『黄金の間』
R0015034.jpg
* Ricoh GR Digital *

この部屋すごいです。
ガラス板で金を挟んだものを細かくして、それをモザイクにしています。
なぜだかちょっと東洋風な感じがしました。

出口手前に展示されていた晩餐会で使われる食器
R0015039.jpg
* Ricoh GR Digital *

今年の12月10日はどんな晩餐会になるのでしょうね。

ストックホルム市庁舎は自由に見学は出来ない(ガイドツアーで見学可)
ですが一見の価値あり。外からだけじゃなくて中も見て欲しいなぁ。

そういえば昨日読み終わった「ニルスのふしぎな旅」の作者
スウェーデンのセルマ ラーゲルレーフさんはノーベル文学賞を
もらっているのですね。知りませんでした。
抄訳じゃないフルバージョンの「ニルス」も読みたい~。

トラックバック企画『窓』に参加

2006/6/6のエントリー

関連記事

夢のような空間

ストックホルムに到着してホテルに荷物を預けて最初に向かったのは
ホテルからほど近いストックホルム市立図書館でした。

外見を撮り忘れたので気になる方はこちらをご覧ください。

北欧建築の父(あってる?)と言われているアスプルンドというお方の
作品です。図書館を利用する人なら誰でも入れます。

足を踏み入れるとぐるりと本・本・本!ゴージャス!!
R0015001.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

ずらーっと
R0015003.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

静かに、本が並んでいます。

* Nikon F3 - Stockholm, Sweden *

はあぁぁ~(ため息)
R0015004.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

今度は反対側から
R0015005.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

読み手を待つ本たち
R0015006.jpg
* Ricoh GR Digital - Stockholm, Sweden *

大好きな図書館がこんなだったらたまりませんねー。

2006/6/5のエントリー

関連記事

Baltic Sea Cruise

Stockholm編に入る前に・・・

Helsinki, Finland から Stockholm, Swedenへの移動は船でした。
夕方にHelsinkiを出航して早朝にStockholmに到着します。
SILJA Serenade
* Nikon F3 *

乗船したのはシリヤ セレナーデ号。
アザラシマークです。密かにゴマちゃんと呼んでいました。(古い?)

わたしが使った部屋
10187
* Nikon F3 *

中はこんな感じ。独り使いないのでちょっと余裕あり。
右手前にバスルーム。シャワーブースとトイレが付いています。
room
* Ricoh GR Digital *

いよいよHelsinkiを離れてバルト海クルーズの始まりです。
good-bye Helsinki
* Nikon F3 *

Helsinkiの港を出てしばらくはこんな小島が続きます。
tiny island
tiny island
* Nikon F3 *

リアル・ドラゴンクエストじゃないですか~?
旅の宿屋とかすごい武器・防具を売っているお店がありそう・・・
もうあたまの中でドラクエのファンファーレ鳴りっぱなしですよ。

気を取り直して・・・船のOriginal Waterにゴマちゃん。
original water
* Ricoh GR Digital *

船内のDuty Freeのカートにもゴマちゃん。ずらり並んでいると壮観!
duty free store's cart
* Ricoh GR Digital *

船内のメインストリート
main street on SILJA LINE
* Ricoh GR Digital *

吹き抜けの両脇は客室です。何フロアかあります。わたしの部屋は窓無し。

この吹き抜けを使って、空中ブランコのショーなんてやってました。
circus
* Ricoh GR Digital *

バルト海は穏やかでドキドキするような揺れはありません。
sea and window
* Nikon F3 *

でもって夜が明けるとそこはSweden。
ニルスがいそうですよねー。(今読んでいます。懐かしい。)
the world of Nils
* Ricoh GR Digital *

そしてSwedenに到着。
sweden side dock
* Nikon F3 *

このあとホテルに荷物を置いてStockholmを練り歩くのでした。
-つづく-

2006/6/4のエントリー

関連記事

national flag

ヘルシンキに滞在中の日曜日は旗日だったようで
街中いたるところにフィンランド国旗がはためいていました。

ホテルの屋上 澄んだ青空に 白x青の国旗が映えます
twin flag
* Ricoh GR Digital - Helsinki, Finland *

その右隣の郵便局にも、写っていないけど手前の中央駅にも国旗
Suomi flags
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *

白地に青いクロス(湖の青さと雪の白さを象徴)は一般国旗

クロスが重なった部分に国の紋章が入ったこのタイプは公式国旗
Suomi flags (official ver.)
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *

部屋からはすぐ目の前の郵便局に掲げられた旗がよく見えたので、
その郵便局の博物館ショップで買ったOPTRIXXを通して撮影
flags thru OPTRIXX
* Ricoh GR Digital - Helsinki, Finland *

OPTRIXXはこんなオモチャです (ライカバージョン)
R0015149x.jpg
* Ricoh GR Digital *

flickr にはここで紹介していない写真もupしていますので
よろしければご覧ください。まだまだ増えますよー。

ということで そろそろストックホルムに移りましょうね。

2006/6/3のエントリー

関連記事

マーケットのカフェ

時間があったらこんなマーケットの片隅のカフェで
のんびりとお茶でも飲みたかったなぁ。

次回の宿題ってことで。

light & shadow
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *


2006/6/2のエントリー

関連記事

Helsinki Chari-Collection

おじさんが肩にかけているのは自転車のタイヤかと思うのですが
正しい認識でしょうか。二本だし。おじさんの向こうにいるトラックの
タイヤもたくさん写っていて、チャリというよりタイヤ尽くしの一枚。

tires
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *

うえー、変な色。(自転車の色じゃなくて写真の色が)
pink bike
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *

これは駐輪しているわけじゃなくて、おそらく運転手の注意を促す標識がわり。
行き止まりです。
yellow bike
* Nikon F3 - Helsinki, Finland *

ディスプレイじゃなくて現役らしい
bike
* Ricoh GR Digital - Helsinki, Finland *

その天使は・・・ちょっと・・・
angel and bike
* Ricoh GR Digital - Helsinki, Finland *

自転車たくさん見かけたけど、お店の前に停めてあっても無秩序な感じが
しないのはなぜ~? どれもみんな長く使われているようでいい味でてます。

2006//6/1のエントリー

関連記事