2005年12月 の記事一覧

みなさん、良いお年を~

今日は朝イチで、弟の家でいらなくなったテーブルが届きました。

DSC_0944.jpg

来年弟のところにコドモが生まれるので、そしたらこのテーブルは
危険かもということでわたしの部屋にやって来ました。

年末?大掃除?なんのこと~?とカオス状態を維持してきましたが
さすがにクロネコヤマトさんにそのままをお見せする訳にはいかないと
思い、朝の30分程でざざっとかたづけ(っていうか場所移動・・・)
終わった頃にピンポ~ン・・・間に合った・・・。

これまで使っていた山盛りのテーブルはソファの向こうに隠れています。
いろいろ落ち着いたら真剣に片付けないと~。

思えば今年の4月にsugugumiさんのblog開始に刺激されてわたしも
blogを始め、しばらく離れていた友達やネットではじめましての方々など
いろいろと交流が広がった一年でした。
来年もいろいろありそうで楽しみです♪

みなさんの一年いかがでしたか?来年も一緒に楽しみましょうね。
どうぞ来年もよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

一万客万来(語呂悪っ)

わお。(ようかではありません。)
気がつけば総アクセス数が10,000を超えているじゃあないですか♪

DSC_0933.jpg

何年か前に世田谷のぼろ市で手に入れたこの招き猫のおかげかしら。
百万両の小判抱えてるけど、お客様も招いてくれたのね、ありがとう。
なんだか気づけばこの一角↑、ご利益ものが集まって来ているような・・・。

招き猫に導かれてかどうかわかりませんが、
いらしてくれたみなさま、どうもありがとうございます。

またのおこしを心よりお待ち申し上げております~。
今後ともどうぞよろしくお願いしまーす。
関連記事

一足遅れのクリスマスプレゼント

本日1冊のPhotobackが手元に届きました。

12月3日にPhotoback Winter Session 2005へ行った話を以前に書きましたが、
この日に、参加者が(主に)六本木ヒルズ周辺で撮った「クリスマス」をテーマに
した写真を、Photobackのスタッフさんが編集して作ってくれたものです。

DSC_0931.jpg

お。わたしの写真が表紙です。なんだかうれしー♪
さっそくページをめくっていくと、いろんな表情の写真が次々にあらわれます。

カラーがあればモノクロもあり、くっきり写真があれば抽象的な写真も
ありと、ほんとに様々な写真が集まっているのですが、不思議と統一感が
感じられます。編集が上手なのかしらー。

どのページがどなたの写真なのか分からないのがちょっと残念だけど、
これもベトナム旅行のPhotoback同様、思い出の一冊となりそうです。

ありがとうございました~! > Photoback & 参加者のみなさま
続きを読む
関連記事

肩こり

毎日毎日寒いです。

A0409.jpg

寒くてギューッと縮こまるせいか、肩がコリコリです。
肩こり解消に、朝、ラジオ体操でもしようかな~。
関連記事

人物+人バトン【融合編】

ここのところの超お気に入りブログエレキテルライフのエレキテルコさんから
バトンが回ってまいりました。実は一ヶ月程前にもVerbenaCandleさんから
回って来た人間性バトンに答えたことがあったのですが、エレキテルコさんの
バトンを受け取らないなんてありえない~ということで再挑戦しました。

さてさて、2本のバトンの答、ちゃんと矛盾しないで書けているでしょうか? 続きを読む
関連記事

happy holiday

DSC_0925.jpg

「食べる前に撮る」の教えを忘れて、一口いっちゃったケーキ。

幸せな(?)3連休も終わってまた明日から仕事。
今週は思い出すと胃がギューッとなる予定がひとつあって、今からドキドキ。
そして1月半ばまでの怒濤の繁忙期に突入です。
季節労働者と呼んでください。
関連記事

onion soup

寒ーい日はあったかいスープを作ってみよう♪
タマネギがいっぱいあったのでオニオンスープを作ることにしました。

soup_s.jpg

1. タマネギ4個を繊維にそってスライスし、無塩バター50gで炒める。

2. 水気がなくなるまで強火でね。

3. 水分がとんだら弱火にして30分ほどさらに炒める。

4. タマネギが飴色になったら水・スープのもとを入れ、塩・胡椒で味を整える。

DSC_0923.jpg

カップに注ぎ、スライスチーズをちぎって載せて、実食!
写真はあんまり美味しそうじゃないけど、とろり甘くて旨いよ~。

明日はオニオングラタンスープにしてみましょう。
関連記事

『馬鹿図鑑』 五味太郎

タイトルに惹かれて借りて来た。

タイトル通りいろんな馬鹿が描かれている。
え?え?ってすんなりアタマに入って来ない馬鹿像もあり。

そんな中、気になる馬鹿がふたつ。
アイタタタタ・・・。


「あまりにきちんと整理・区分ができ上がっているので、
その整理・区分がいったい何の目的のために行われた作業だったのか、
もう考えめぐらす余地がない、といった、実に整然とした馬鹿。」

「なにがどうであろうと、大事なことはとりあえず前年度比、
他には何もない、というわりあい単純明快な馬鹿。
で、おおかたその単純さがたたって、いわゆる右肩下がり」

思い当たることありませんか・・・?

関連記事

[宝塚] おだいじに・・・

興味のない方、ゴメンナサイね。またヅカネタです。

A0385.jpg

来年で退団の決まっている宙組トップの和央ようかさんが昨日の公演中に
高所から落下、怪我のため1ヶ月の休演となってしまいました。
詳細はこちら

現在は大阪での公演中で、年が明けてから東京公演となり、わたしも2回ほど
見に行くことになっていたので、ちょっと(というか、かなり)残念です・・・。

だけど、誰よりも残念に思っているのはきっと怪我してしまった本人。
ここはぐっと我慢して、退団公演を楽しみに待ちます。

初めて観たタカラヅカが彼女主演の『ベルサイユのばら』でした。
今でも彼女のフェルゼンは大好きキャラの上位にいます。

いい子で治療に専念して、退団公演で私たちに倍返ししてねー!
という気持ちを込めて、彼女に宙組カラー紫の効いた花の写真を贈ります。
ゆっくり休んでね♪ 続きを読む
関連記事

[宝塚] 人事

12月20日も昨日に引き続き忘年会。

D1010001.jpg

一次会で帰ろうと思っていたのに気がつけば二次会に参戦。
着いたお店はその名も「侍」。名前のわりに、ちょーっとなんぱな感じのお店。
席に着くと二次会幹事の仕切りでバーボンのロックが人数分出てきました。
おこちゃまなわたしは、すかさずチェイサーをリクエスト。無理ですって・・・。

んで、途中メールをチェックしたらば宝塚歌劇からのお知らせが。
退団が予定されている何人かのトップさんの後任人事が発表されていると。
・・・それは想定外の人事でございました・・・

1.次期 宙組主演男役・主演娘役について
●貴城けい
2006年5月22日付で雪組から宙組へ異動、次期主演男役に内定。
●紫城るい
次期主演娘役に内定。

2.次期 花組主演娘役について
●桜乃彩音
次期主演娘役に内定。

ほほー。るいちゃんはそんなもんかなと思います。
そうですかー、かしげちゃん(貴城)ですかー。ふぅーん。

そして花組の娘役トップ!えぇ?遠野あすかちゃんじゃないの?

またね、他の娘役トップの退団準備が秘密裏に進んでいて
その人の後任として既にアサインされているのかしら?>遠野あすかちゃん
と勘ぐってみたりして。とうこちゃんの今後もますます気になります。
関連記事

プチプチなのなの

羽子板市から戻ってちょっとひらひらしたカッコに着替えて渋谷へ。
今年たちあがったばかりの新しい会社のクリスマスパーチーに潜入。

KIF_1038.jpg

今日のタイトルはそんなパーチーでサンタの格好をした女の子がうたっていた
曲のタイトルです。あんまり深く追求しないでください。
上の写真の白い衣装の女の子は重慶から来たというシンガーさんで
「プチプチなのなの」の子とは別人です。きゃんきゃんしないいい声でした。

KIF_1047.jpg

普段はジャズのライブをやっているこのお店
ビアサーバーがサックスでした。

* kyocera SL400R *
shibuya - december 2005
関連記事

羽子板市

12月18日、寒風吹き荒ぶ中両親に誘われ浅草へ行ってきました。
ちょっと着込んだくらいじゃ追いつかないくらいの寒さでした。

DSC_0898.jpg

仲見世通りのでっかい羽子板。
わたしは来年の干支の人形が付いた1000円の小さい羽子板買いました。

DSC_0903.jpg

みなさん、寒い中ご苦労様です。

DSC_0904.jpg

観音堂の中。
あと2週間もするとここは人でびっしりに。押さないでくださ~い。

asakusa.jpg

伝法院通りはシャレの効いた看板がいろいろあって楽しいです。

* nikon D50 *
asakusa - december 2005
関連記事

flickr

A0068_L.jpg

* nikon FM2 *
kamakura - may 1999

最近知り合いになったayaさんflickrのススメを見て一念発起。
flickrに登録してみました。

まだどう活用していいものやら模索中ですが
とりあえずbadgeなるものを右メニューに置きました。
動きはかっこいいんですがちょっとうるさいかな?大丈夫?

はじめ、codeを貼付けただけではちゃんと表示されなかったので
テンプレートをじっていたらなんだかぐちゃぐちゃになってしまったかも。
そのうちまた、テンプレートも変えてみようと思います。。

Safari, Firefox (on Mac OS X)では確認しましたが
ほかのOS,ブラウザお使いで(WinでIEがやはり大多数ですよね)
見え方変だよ~というところがあったら教えてくださいね。
その環境は月曜日にならないと手元にないのです。
関連記事

念願の!

20051216201810

土手鍋~。行っきま~す! 続きを読む
関連記事

[宝塚] 今年の見納め

A0084.jpg

月組東京公演 『JAZZYな妖精たち』『REVIEW OF DREAMS』

12月15日観劇。前回不本意ながら開演に間に合わず見逃したオープニングをやっと見ることができました。お芝居がアメリカを舞台にしたアイリッシュ移民のお話なので、アイリッシュダンスで幕開けです。普通のダンスの常識を覆す足の動きが難しいそうですが、さすがのジェンヌたちはステージ上できびきびと美しく踊っていました。その他感想は以下箇条書き~。

・途中「妖精」が登場するあたりはやっぱり唐突。まあいいんだけど。
・シャノン(彩乃かなみ)のけなげさは涙を誘う。
・とくに病に倒れた後の寝間着姿。タマルちゃん(彩乃)サイコー!

・ショーのあさこちゃん(瀬名じゅん)はお芝居の1000倍はステキ。
・3時間全部ショーでもいいくらい。
・彩乃かなみはショーもいい!
・でもなんだかんだ言ってずーっと目が追いかけていたのは実は北翔海莉。
・彼女のダンスは指先まで美しい~。笑顔も和みます。

ということで今日はこのへんで。
関連記事

魔女の宅急便

A0381.jpg

* contax T2 *
zurich, switzerland - august 1994

J-WAVEでweekday 24:00からやっている"MIDNIGHT GARDEN"という
プログラムがあります。今週は「Traveling with 宮崎駿」というテーマ
で放送しています。で、本日取り上げられていた作品は『魔女の宅急便』。

番組の中で、この作品の舞台になっている街はコペンハーゲンのイメージ
らしいよ~と言う話をしていました。ふーん、そうなんだ。でもわたしの
中ではこんなスイスの街も、とーってもそれらしく思えます。
関連記事

そんなマニアが?!

今日本屋で見かけました。
一年も前に出てるんですね。知らなかった~。

ぱらぱら~っと見てすごくそそられたけど我慢我慢。
わたしのおっきな本棚、図書館にあるかもしれないし。
・・・と思って検索してみたらありました。
わーい。週末に行って借りてきます。

わたしが先週はまっていた、キーボードの分解図なんかも載ってるのです。なんとタイミングの良い!なんだかちょっと情けない感じのイラストもまた良しです。

うちにパソピアという懐かしいパソコンがあった頃だから中学生頃
でしょうか、この↑パソピアにデータ保存用のテープが付いていました。
普通の音楽用のテープよりもだいぶ短いテープでした。

ある日、音声の逆回転を自分で作ってみたくなったわたしは、
このデータ用のテープに何か曲を録音してテープを分解し、
リボンの向きを逆にしてまたテープの形にして再生してみました。
(この前に46分とかの普通のテープでやってみたのですが
あの長さのリボンを元に戻せず何度も挫折していました。)

結果は成功。あたりまえですね。やったー!と思ったものの
すぐに、なんだかそこはかとないむなしさに襲われたものです。

ということを立ち読みしながら思い出しましたとさ。
関連記事

街灯と提灯

20051213201806

人形町の通りには『謹賀新年』の提灯が登場しました。
クリスマスはどこ行った?おーい。
関連記事

家族写真

土曜日に母から「猫シャンプーしたから日曜日に年賀状用の写真撮りに来て」
というメールが来ました。両親+猫を撮って年賀状に使うのです。

いちばん下の弟が成人するまでは、毎年七五三の頃に家族(+猫)揃って
近くの写真屋さんへ行って年賀状用の写真を撮ってもらっていました。

途中中断したこともあったと思いますが、わたしが小学校低学年の時から
だから、かなりの年数(30年近く?キャー)続いたんじゃないでしょうか。

この年賀状は両親しか使っていませんでしたが
それなりに毎年楽しみにしてくれていた方もあったようで。
定点観測みたいで長く続くと後で見返して面白いですよ。

DSC_0890.jpg

(10年くらい前の3枚。こっぱずかしいので思いっきりピント外して撮りました。)

兄弟がみんな成人してからは両親だけの写真にしてしまいましたが、
ここ数年わたしが撮って(スナップの域を出ませんが)年賀状にしています。

来年はもっとちゃんとした写真撮るぞ。
関連記事

VueScan

最近手に入れたフィルムスキャナで白黒ネガをスキャンしていた時、
なんだかあれれこれで良いの? っていう迷いが出てきてしまいました。

例によっていろいろ情報を検索していたらVueScanというソフトを見つけました。

前回のentryに載せたロンドンの写真でちょっと比較。

(1) DS ELITE 5400 II & 付属のドライバでスキャンした画像
なんだかのっぺり~?
私の環境ではディスプレーの角度を変えると、ようやく雲が見えてくる。
あぶりだし風?

A0373.jpg

(2) EPSON GT-7600U & 付属のドライバでスキャンした画像
前回使った画像です。以前XPでスキャンしたもの。
空に雲が出ているのが分かります。

img_230299_3647192_1.jpg

(3) DS ELITE 5400 II & VueScanでスキャンした画像
(1)と同じような感じだけど、雲が見えています。やっぱりぼんやり?
$$マークはまだお試し中で決済していないから出てくるものです。

crop0001.jpg


うーーーん。見る目がないのに比較なんかするんじゃなかった・・・。
この3枚の中に、ちょうど良い調子のものってあるのでしょうか?

スキャンした画像をあれこれいじるスキルはないから、スキャン時にそこそこ
ちょうど良い画像を取りたいのですが(わがまま)、このVueScanってどう
なのでしょう?その他白黒ネガスキャンのHint&Tipsお持ちの方が
いらっしゃいましたら情報お寄せください~。っていうか誰か助けて~。
気になって夜も眠れません。←大げさ。ホントは眠れてます。ぐっすりと。
関連記事

『小公女』

なんだか懐かしい本の再読が続きます。
今日読み終わったのは伊藤整訳の『小公女』です。

以前、ロンドンの屋根を写したものをUPしました。
この時に『小公女』のお話を思い出してもう一度読みたくなったのです。

img_230299_3647192_1.jpg
(なんかうまくスキャン出来ないので以前の画像を使い回し)

隣家のインド人召使いラム・ダスが屋根を伝ってやって来そうじゃないですか!

今回借りた『小公女』はタイトルにわざわざ「完全版」と入っています。
わたしが昔読んだ『小公女』は、コドモ向けにちょっと端折った
ものだったのでしょうか?それとも映画版と区別するため?
どちらにしても今回読んだ『小公女』は以前に読んだものや
ハウス名作劇場でやっていたものとはイメージが違いました。

セーラって、裕福なときはおごり高ぶらないとっても良い子で
身寄りが無くなってミンチン先生やラヴィニアにイヤなこと
言われても、ただひたすら耐えるだけだったと記憶していました。

でもこの伊藤整訳のセーラは、ただ黙って耐えているだけじゃないんです。
ここぞという時に、言い返すんですよね。理路整然と。読みながら、
そうだそうだもっと言っちゃれ~!とセーラにエールを送りました。

もう何度も読んでストーリー知っているのに、セーラと一緒に喜んだり
悲しんだり・・・ダイヤモンドプリンセス気分を満喫しました。
ちょろいなぁ > 自分

なんにしても、この伊藤整訳の『小公女』はちょっとオススメ。
表紙はイマイチだけどね。
関連記事

キーボードのマウスボタン

何週間か前に、会社で使っているThinkPadのマウスボタンの調子が
悪くなりました。人差し指でクリックする左側のボタンです。
クリックしても戻りが悪いのです。

KIF_1030.jpg

* kyocera SL400R

で、時間があったのでキーボードを外して原因を調べました。
PC背面のネジをいくつか外してキーボードを外したのですが、そんなこと
するまでもなく、原因はマウスボタンの部分にありました。

ボタンをクリックしてそのボタンが上に跳ね返ってくるのは
凸型のゴムがその下にあるからだったのですね。で、調子が悪い方は
そのゴムの下の部分と上の部分が切れてしまっていて、クリックすると
そのまま沈んでしまって戻らなくなっていたのです。

キーボードの真ん中にある象徴的な赤いトラックポイントはスペアがあります
がこのゴムはスペアがありません。電話して調達しようかとも思ったのですが
電話は嫌い。なんとかそのイヤなことを避けようととりあえず左のクリックより
右クリックの方がかなり回数少ないのではないかと左右のゴムを入れ替えて
この数週間ちょっと右クリックしにくい状態でPCを使っていました。

ちなみに外付けのマウスは使っていません。キーボードからマウスへの
手の移動が面倒でNote PCがメインになって使うのやめてしまいました。

んで今日。古いThinkPadを処分するという人がいたので、部品同じかな?
と思いつつもバラさせてもらって左右のゴムふたつ手に入れました。

しかし。ちょっと高さが違う。ボタン戻って来ない・・・。
やっぱり電話するしかないのか?
席でじーっとキーボードを見つめるわたし。

お? ひらめきました。
このセンターボタン(青いライン)の下は?と思って外してみると。

ふっふっふ。思った通りです。
同じゴムが置いてあるじゃあないですか。

そこでセンターと右のゴムを入れ替えて、センターには古い
PCから取ってきたちょっと高さの違うパーツを置きました。
うん。左右のクリックはまったく問題なしです。

でも。わたし結構センターボタンも使っていたんですね。
うまく使えなくなって初めて気づきました。ここが使えないと
スクロールするのにとっても不便。んーどうしようかなー?
と思って引き出しを開けて目についたのがMONO消しゴム。

またまたひらめきました☆
消しゴムをうすーくスライスして、高さが足りない部分に
乗せてみてはどうでしょう、といちかばちか試してみたら。

GOODです。
これでしばらくしのげます。
こんどどちらかのゴムがダメになったら、そのときは
あきらめて電話して部品もらうことにします。

↑時間かけすぎ。
関連記事

伝承園 - 民話と伝説の里、遠野

A0300.jpg

* nikon FM2 *
tono, iwate - september 1999

みちのく一人旅@MINIで、行き当たりばったりで柳田国男の『遠野物語』
の舞台である岩手県遠野市を訪れました。土砂降りの雨の中、国道を離れ
て細くてクネクネ山道の県道に分け入り、けっこう怖い思いをしました。

翌日次の目的地へ向かう前に、せっかくなので昔ながらの民家が展示保存
されている「伝承園」に立ち寄りました。茅葺き屋根の建物がいっぱい。

中に、千体のオシラサマを展示している「御蚕神堂」という部屋があった
のですが、ここはちょっと怖くて長くは居られませんでした。
なんだか誰かに見られているような感じで背筋がぞくぞく。
田舎って、そんなとこありますよね。
関連記事

カッパな狛犬

A0290.jpg

* nikon FM2 *
tono, iwate - september 1999

遠野のカッパ淵にいる狛犬はアタマにおさらがあるのよ~。
関連記事

『どろぼうの神さま』 & 『ぬしさまへ』

なんだか今年はあんまり本を読んでいません。
家でPCに向かっている時間が長いからか?と思っていましたが
どうも、iPodのせいではないかと最近ふと思いました。

もともとヴォーカルの入った曲聴きながら本を読めないたちです。
文字じゃなくて声を追っかけてしまいます。

わたしのiPodの中身はクラシックやらジャズやらインストゥルメンタルな
ものが大半です。だけど、そういうのでも耳元で鳴っているとやっぱり音
に気が行っちゃうみたいです。これまでポータブルプレーヤーって使って
いなかったので気がつきませんでした。

で、最近は電車に乗り込んで本を広げられるスペースがあったらiPodをoffに
して本を読むようにしてみました。そしたらちゃんと集中して読めるみたい。
もうこのまま本を読まない人になっちゃうかと思っていたので、ホッ。

脳って不思議ですね~。

先週から今週にかけて読んで面白かった2冊。

『どろぼうの神さま』
コルネーリア・フンケ著
WAVE出版

ページをめくるたびに思いもしなかった展開になっていくので一気に読んでしまいました。わたしはコドモに戻りたいかな~?いまだにオトナになんかなりたくないって思っていたりして。表紙絵も挿絵も著者のもの。雰囲気があって素敵です。

『ぬしさまへ』
畠中 恵
新潮文庫

今年の新潮文庫の100冊から選んで読んだ『しゃばけ』の続き。これやっぱり面白いわ。『しゃばけ』よりさらにいろんなことが明らかになっています。まだ文庫になっていないのも2冊あるらしいので、チェックしないとー!

関連記事

車のいろは空のいろ

寒ーい日曜日に図書館で借りてきました!

DSC_0851.jpg

この表紙!なつかしい。
空色のタクシーに乗るのは松井さんという心優しい運転手さんです。
「山ねこ、おことわり」というお話がいちばん好きかな~。
教科書に出てくる「白いぼうし」もさわやかでやっぱりいい!

そういえば今日(というかもう昨日ですけど)電車でシートにかけていたら
どこからかみかんの香りがしたので「お!?」と思って顔をあげたら、
となりのおばちゃんがみかんの皮むいてもぐもぐ食べてました。

DSC_0854.jpg

表紙をめくってみるとこの通り。表紙取れてしまいそうです。
奥付を見ると1992年5月30日 第90刷 (!!) とあります。
この10数年の間にどれだけの人に読まれてきたんでしょうね~?

奥付を眺めていて気がついたのですが、わたしこの作品と同じ年でした。
関連記事

兄弟?

A0321.jpg

* nikon FM2 *
shimokita, aomori - september 1999

青森の漁村(?)でイカの写真を撮っていたら「なにしてるんですか?」
(敬語だよ!!) とぱたぱた駆け寄って来たコドモたち。

いい顔してるねー。もうずいぶん大きくなってるんだろうなぁ。
関連記事

ガラスの天井

DSC_0776.jpg

* nikon D50 *
roppongi, tokyo - december 2005

六本木ヒルズ森タワーが映り込んでいるのは、レジデンスのエントランス。
何気なく見上げたら、ガラスの天井に水が流れているのが見えました。
そういう演出??と一瞬思ったんですけど、お掃除かも?

いつもぴかぴかクリアにしておくためにはそのくらいのことするかな?

そんなこと考えながらもっと近くに行こうと思って目についた自動扉を
入ろうとしたら「この先は居住棟ですから」と警備員に止められました。

おっきな通りに入り口つくんないでよ。まぎらわしいなぁ。
関連記事

背比べ

DSC_0804.jpg

* nikon D50 *
roppongi, tokyo - december 2005

かわいいロボットのトーテムポール。
お金持ちマンションに負けるなー!!
関連記事

Photoback Winter Session 2005

Photobackのイベント↑で、六本木に行ってきました。

DSC_0797.jpg

* nikon D50 *
roppongi,tokyo - december 2005

夏休みに行って来たベトナムの写真で小さな写真集を作ったのですが、その
時に利用したのがPhotobackです。CDジャケットサイズのかわいい写真集
が出来上がるんです。んで、イベントやるというので本日行ってきました。

トークセッション (ゲストはsudiさん。お話し出来なかったわー。) があって
ヒルズに1時間程写真撮りに行って、もいちど会場のお店に戻って懇親会
という流れでした。スタッフの皆さんからはもっとPhotobackを良くしたい!!!
という熱意を感じました。そういうふうにお仕事出来るのって良いですね。
おもわず我が身を振り返ってしまいましたよ・・・。

お話うかがっていると、Photobackは今後もどんどん進化して行くようで。
ふふふ、楽しみですね。がんばってくださいね。期待していま~す。

ところで。トークセッションでスタッフの方が面白いお話をされました。
猫好きの人は、他の人が撮った猫の写真も好きで欲しがる人が多いけど、
犬好きにはそういう人は少ない、とか。そんな傾向がみえる、という
だけで違うケースもあるだろうけど、深~くうなづいてしまいました。
関連記事